コロナ緊急帰国~高知県自粛滞在

2020年7月9日

こうなることを誰が予想できただろうか。

セブ島語学学校卒業まで2週間を残して、
コロナの影響により3月下旬に緊急帰国。

疾患を持つ家族がいるため、自宅にも戻れない。

恩人宅にお世話になり、人を避け、コロナの手をかいくぐり、1500kmを優に超える距離を車で移動し、たどり着いた四国、高知県。

そこでの自粛生活3カ月間は、本当に充実したものだった。

人と接触せず、
友人と二人で、
「今後世界はどうなっていくのか」、「人生において本当に大切なものは何か」、「自分達の人生の在り方」など、様々なことを語り合った。
そして、それぞれ個人の有意義な時間を持ち、サーフィン、英会話の勉強、読書・・・
友人と3カ月間、人と会わず、自分自身を、社会を、世界を見つめ直す、穏やかな時間を過ごすことができた。

こんな経験は、人生において、もう二度とできないだろう。

本当に素晴らしい時間をありがとう。
心から感謝しています。
そしてこれから、お互い素晴らしい人生が送れますように。
すべての人が、最高の人生を送ることができますように。