世界放浪438日目(穏やかな日々2)

西暦1400年頃、
ある地域に住む人々は、
自分が、神のために「神の名誉や神への奉仕に捧げる、”神の戦士”」であったり、「神の職人」であることはそこまで重要ではないと考え、自分たち人間は「何かを理解し、何かができるひとり立ちした人間」であることを望んでいた。
彼らが目指したのは、自分の意志を持ち、自分で判断できる人間。
誰かに意見を聞き、誰かに同意をもとめるのではない人間。
古い本をめくり古いしきたりをたずねるのではなく、すべてを自分の目で見、自分の手でつかむ人間。
身分が高いか貧しいか、キリスト教徒か異教徒か、ある掟を守るか否か、それは大して重要ではない。
大切なのは、「自立心、能力、理解力、知識、活力」である。
「家柄、職業、宗教、国籍」が問題なのではない。
問題なのは「おまえはいかなる人間なのか」ということであった。
そしてその人々は、自然界や人間界のあらゆる問題について、それぞれの立場から自由に議論し、あらゆることに関心を寄せていた。

・・・

ある本に書かれていた文の一部抜粋だが、なんだかとても好きだ。
偏見に囚われず、自分で見て、自分で判断する。それができる人間。
知的で、活力のある生命体。

今までの歴史、人々は、色んなことを行って、そして繰り返してきた。
戦争、差別、略奪・・・
そんな恐ろしく、酷いことをしなくても、みんなが健やかに心地よく生きていける、そんな社会になってほしい。

 


2021年2月3日(水)晴れ

【主な滞在場所】
福岡県田川市

今日やったこと、行った場所など

・朝ヨガ+散歩+ストレッチ:15分
・英会話授業:25分
・両親宅のお手伝い
・筋トレ(ス20、腹20、背15、腕15)×3
・昼散歩+ジョギング
・「血流を良くする最高の習慣」読書
・「若い読者のための世界史」読書
・ラストオブアス2(英語)
・寝る前ヨガ、足裏ツボ、ストレッチ:30分

緩やかな日々

病院から父の状態が悪くなったということで連絡があり、病院へ向かった。ひとまず少しもち直したみたいだが、今後どうなるかわからない。
でも、もう会えないかと思っていたから、会えたことは良かった。
こちらの病院内にはコロナ対策か、廊下とかにも、所々に透明ビニールでの仕切りのようなものがあったり、部屋のドアがビニールで囲まれてりしている場所もあって、現場の物々しさを感じた。

そして、家に帰ったあと、他愛もない話を交え、これからの事を母とゆっくり話していった。

 

 

【進行中の主なイベント・タスク】
英会話レッスン
世界の歴史を知る

【その他イベント・タスク】
世界遺産(外国)訪問:4箇所
世界遺産(日本)訪問:23箇所中18箇所

【今の自分】
生まれてからの日数:15,412日
80歳(29,200日)になるまでの残日数:13,794日
41歳で脱サラしてからの日数:431日
日本以外で生活した日累計:104日
サーフィンに行った回数:57回
使っているサーフボード:友達譲りの思い出のショートボード
スキューバダイビングの本数:ファンダイビング9本+体験1本
ビーチで拾ったゴミ数累計:3,607個超
ボランティア経験:4回(うち災害2回)
サラリーマンとして生活した日:8,279日
旅先の宿などでゲームした日:2日
日本周遊183日(内、車中泊20日)※一時中断中。
日本国内サーフポイント巡り:35か所訪問
過去お世話になった知人等に会う(可能な範囲で)
世界一と会う:8件

 

※日記一覧(題名のみサムネイル表示