世界放浪492日目(モッチョム岳)

2021年3月29日(月)晴れ

今回、屋久島滞在に誘っていただいた友達と、「モッチョム岳」に登ることに。
この山は、ネットで調べると、「屋久島最難関」や「屋久島のマッターホルン」なんて言葉が出てくる。
コロナ自粛で運動不足、かつ、登山初心者の我々が、果たして攻略できるのか。
特に友達は2日前に「白谷雲水峡」へ行き、筋肉痛が治り切っていない。
でも、行こう!ということになった。

登山グッズをレンタル。
と言っても、靴とストックとレインコートのみ。
結局レインコートは使わなかった。
靴とストックは非常に大切だったと思う。
車で登山口へ向かう。

登り口は「千尋の滝展望台の駐車場」からすぐ。
案内所やトイレなどは完備されていた。

いざ出発。

途中、沢を渡ったり。

所々に古い木が多くある。

休憩。スーパーで買っていた、さつま揚げ。もちろんゴミは出しません。

ものすごく鮮やかな景色。多くの苔が生えている。自然の綺麗な水。素晴らしかった。

https://youtu.be/0TtgwpqtqZ8

「万代杉」。
写真に納まりきれません。
縄文杉よりは少し小さいらしいけど、杉のすぐ近くまで来れるので、迫力が凄い。

その後も色んな形の木が。

標高800m。
この山は900m強らしいので、もうすぐかと思いきや、このあと、上り下りが何度も続き、まだまだ時間がかかる。

本当に色んな形の木々がしげる。太古の雰囲気を感じさせられる。

 

登り始めて、かれこれ3~4時間。
登りの補助のロープや、木の根を伝い、少し危ない場所もあったけど、
ついに頂上へ。
頂上はあまり広くなくて、大きな岩の上に乗っている感じ。下をのぞくと高くてちょっと怖かった。


もちろん、記念撮影。
頂上では、男性2人組と、女性1人と会った。

最高の景色。

おにぎりなどをいただきます。
最高に美味しいです。

頂上の登った先に、ロープがあり、それを下るとすぐにこのような場所が。
昔の人が、ここまで登ってもって来たのだろうか。

登って15分くらい経つと、少し霧が出てきた。
山の天気は変わりやすい。
幸い雨は降らなかった。

出発して7~8時間。無事下山してきました。
一緒に写った女性は、山頂で会った方。
オーストラリアからワーホリで来ているらしい。

 

素晴らしい山でした。
登って本当に良かった。
途中の木々や山の景色、山頂からの見渡し、非常に素晴らしいです。
大きな屋久杉に近づけます。
途中の湧き水、沢の水はとても美味しかったです。(飲む場合はご自身で判断を。)
途中は、ちょっとした沢を岩づてに渡ったりします。また、ロープや木の根を伝って登ったり、結構急斜面を上り下りしたりするので、腕の力もそこそこ必要です。初心者には確かに少しハードかもしれません。
私たちはもともと登山グッズは持っておらず、レンタルしましたが、「トレッキングシューズ」は必須、「ストック」もあったほうがかなり負担軽減できるでしょう。「軍手」も装着しておいて良かったです。ロープや木の根をつかみますし、岩に手をついたりすることも多々あります。
「レインコート」は結局使いませんでしたが、山の天気の変化を考えると、万一に備えて持っていても良いかもしれません。

宿での夕食。
お寿司屋や、魚釣りで釣れた魚のお刺身などなど。

フランスのシャンパン。

手作りチーズケーキと紅茶。

全部最高。

 

食後、温泉へ。
幻想的な海辺の温泉で、波しぶきと月を見ながら、過ごしました。

 

最高の1日でした。