Diary 世界放浪270日目(人吉市ボランティア)

2020年8月19(水)

【訪問、滞在、通過場所】
熊本県人吉市

【日記】
日本周遊38日目。

豪雨災害のボランティアに参加!!!

このために、この日本周遊の車内準備品に、災害ボランティアセットを積んでいたんです!

とはいえ、他県からの参加は基本、認められていない。

ひとまず申し込んでみて、1日だけ参加。

この日限りの参加にしました。

自戒の意を込めて、こちらに記載いたします。

しかし、やはり、行ってみないとわからない。

ネットやニュースの情報だけではない。

現地にいけば、もっともっと色んな状況がわかる。

その大変さも肌で感じる。実感する。

そして、地元の皆さんは、決して諦めることなく、着実に、出来るところから、コツコツと作業されています。

出来る限りお手伝いしたい。

でも、それはできない。

それは仕方ない。

ただでさえ大変なのに、そんなところで心配かけたり、迷惑を掛けられない。

現地に行かないで出来るお手伝いもある。

まだ私は災害ボランティアは2回目だったが、自分なりに感じたことがあった。

当然だが、被害を受けたそのお宅や、施設、すべてそれぞれの状況が違う。

壁を剥がす作業も、その壁が一部重要文化財だから、壊してしまわないように、表面だけを剥がさないといけない施設とか、本当に色んな、様々な状況がある。

現在、コロナの世の中なので、ボランティアが少ない。作業がまだ一切手についていない地域もあり、その地域では、そこにお住いの高齢者の方々だけで、復旧作業をしていく予定だという。

「被災された方々へ支援を」ということは容易に思い浮かぶが、「ボランティアをしている方々への支援も必要」ということも感じた。

今回参加して、ボランティアの方々が暑い中作業をすると、水分補給、塩分補給。床下の泥出しの場合はその道具、などなどなど・・・

そういった物資の支援あるだけで、ものすごく助かる。作業がはかどる。ボランティアの方々が復旧作業がしやすくなる。

こういう支援もある。

もっと色々できると思う。

地元の皆さんのことに思いを馳せながら、何かできることがあればさせていただきたいと思っています。

1日も早い復旧を心から願っています。

 

 

【今の自分】
世界放浪:270日目
・日本周遊:38日目
・車中泊累計:19日
・サーフィンに行った回数:51回
・使っているサーフボード:友達譲りの思い出のショートボード
ビーチで拾ったゴミ数累計:2,500個超
・ボランティア経験:3回(うち災害2回)
・サラリーマンとして生活した日:8,279日
・41歳で脱サラしてからの日数:263日
・日本以外で生活した日累計:103日
・生まれてからの日数:15,243日
・80歳(29,200日)になるまでの残日数:13,959日
・日本にある世界遺産訪問:23箇所中18箇所訪問した