Diary 世界放浪297日目(撮影アシスタント)

2020年9月15日(火)

【主な滞在場所】
沖縄県うるま市(浜比嘉島、宮城島、伊計島)

 

撮影アシスタント

友達夫婦のお仕事のアシスタントをすることに。もう1人の友達は動画撮影、私は音源を流したりなど。今までなかなか経験したことがない体験。しかし、最初に行った浜比嘉島の海が綺麗すぎてたまらない。色んな角度、色んなスポットを試しながら撮影。楽しい。友達夫婦から教えていただいたんだけど、沖縄は全体的に聖域とか神聖とされている場所が多くあり、撮影するときは、まず拝んで許しを得てから撮影したりした方がよいとのこと。何だかわかるような気がする。比べることはできなけど、日本本土にいるときより、そういった場所が皆から大切にされている気がするし、お墓も大きい。言葉で言い表せないけど、何か大切なものがいっぱい詰まっているような、沖縄はそんな島なんだろうなって思ったりした。


友達(女性)が歌っているところの撮影で、歌っている彼女をずっと見ていたら、何故か、彼女と自分の元妻のことを重ねて考えてしまい、もし自分と元妻がこの友達夫婦みたいなアーティストで、元妻がボーカルで、一緒にこうやって1つの出来事というか仕事というか、それを築いていっているような生活だったら、どんなに幸せだろうか・・・なんてこととかが何故か勝手に頭によぎり、何だか、目頭が熱くなってしまった。

 

昼食は、サザンホープ浜比嘉というところで。(何故かそれぞれ注文した食事の写真があったので掲載)

 

昼食後も撮影継続。途中、浜比嘉竜宮がある小島に行った。もずくを売っている有名なおばあさんがいるとのこと。優しくてとても良い方だった。もずくも美味しかったし、コーヒーも美味しかった。

 

夕暮れまで撮影は続く。伊計島の街並みや石垣、宮城島のサトウキビ畑、浜比嘉島のシルミチュー。撮影途中、みんな、メッチャ蚊に刺されまくった。これもいい思い出。

当日の打ち上げ?は、焼き鳥屋と、行き付けの居酒屋。美味しかった。

 

【今の自分】
・日本周遊:65日目
・沖縄滞在生活:7日目
・車中泊累計:19日
・サーフィンに行った回数:54回
・スキューバダイビングの本数:ファンダイビング4本+体験1本
・使っているサーフボード:友達譲りの思い出のショートボード(両親宅へ保管中)
ビーチで拾ったゴミ数累計:2,500個超
・ボランティア経験:3回(うち災害2回)
・サラリーマンとして生活した日:8,279日
・41歳で脱サラしてからの日数:290日
・日本以外で生活した日累計:103日
・生まれてからの日数:15,271日
・80歳(29,200日)になるまでの残日数:13,931日
・日本にある世界遺産訪問:23箇所中18箇所訪問した
・世界一に会った数:4件