自分の恋愛観

私は、

・ルールや常識に囚われた恋愛はしない。
・結婚(再婚)しようとは思わない。「婚姻という制度」よりも、心の繋がりの方がもっと大切だと思う。(結婚している方々のことや制度自体を否定しているのではありません。)
・相手と、感情を共有し、苦しい時支えになり、ともに愛を育んでいければ、それ以上何かを求めようと思わない。
・新しい出会い、別れを気にしない。
・「結婚歴・離婚歴・子供の有無」によってその人への見方を変えたりしない。
・パートナー同士、お互い自分の意見を持ち、自分の足でしっかりと自立した生活を送ることが出来るということが大切だと思う。精神的、金銭的に自立した二人の大人がパートナーしての意思を持ち、助け合って生きていく。永遠の愛を誓ったとしても、絶対的に将来に保証があるわけではない。先は何があるか分からないけれど、“今”をともに生きることの方がずっと素敵だと思う。
・大人として、単に若さ(年齢が若いということ)ではなく、人としての成熟面に価値を置きたい。
・パートナーとは、収入の差にかかわらず対等な関係を築くために、生活費すべて五分五分にする。
・自分のパートナーや家族を卑下しない。

 

自分の心境が変わったら更新していこうと思います。