【世界一:Part4】世界一大きな砂時計

4つ目の世界一は、島根県大田市の仁摩サンドミュージアム内にある、世界一大きな「砂時計」。


 

正直、どのくらい大きければ凄い砂時計なのか、レベル感がピンときていないのでうまく説明しきれませんが、この中に入れている砂も、単に何でもいいということではなく、また、ものすごく綿密な計算を基に試行錯誤を重ねて作られたものだということです。

 

「時」を刻むって何だかロマンを感じるなぁ。

改めて、時間の大切さを感じたひと時だったと思います。

 

他、仁摩サンドミュージアムの写真などを紹介します。



 

 

世界一に会った日:2020年9月8日